P.T.A―Part Time Art ふつうの人が発信するアートカルチャーマガジン―

インドネシアの"アートの母"から教えられたこと

芸術の秋まっただ中ですね!!
福岡アジアトリエンナーレ(以下FT)や全国の芸術祭やイベントなどなど、アート関係者には近年稀にみる忙しさではないでしょうか!?(忙しくて更新久々になりすみません)

ところで、先日FTに来られた東京のオルタナティブスペース「実家JIKKA」の深野一朗さんと、インドネシアのコレクター、メラニさんとお会いすることができました!
深野さんは公認会計士、メラニさんは医師とアートとは違うキャリアを持ちながら、コレクターとしてアートを支えられています。アーティストや関係者たちのよき理解者、支援者であるおふたりからは学ぶところばかりで、本当に素晴らしい出会いでした。

c0309568_02524698.jpg

中洲で、右からメラニさん、深野ご夫妻

konya2023でのおふたりのトークイベントの概要
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=776662082399697&id=765696100162962

特に、自宅にコレクションを展示するハウスまで持ち、驚異的なエネルギーで世界のアートの現場を巡るメラニさんには、トークイベントの後、アートやコレクションについてのお話をじっくり伺うことができました。
独り占めするのは勿体無さすぎる内容だったので、メラニさんのお話をシェアします!

*コレクションの目的とは…

メラニさんにとって、「相手が幸せになれば幸せ」。購入した作品の価値が上がることなどはおまけであって、まずアーティストを支援したいという気持ちがあり、作品を買うことでアーティストは認められたと思える、ハッピーになる、それが大事なことなのだそうです。
それがすべてであって、作品がマスターピースであるかとか、アーティストが成功するかとか、あとにくるものはプライオリティではない。単にアートワークを買う表面的なことではなく、そのときアーティストとの交流や絆を得ている、それが一番大事なのだと。
それは深野さんがJIKKAの展示作家やキュレーターと結ぶ「友情」や信頼関係を大切にされているのと共通していました。

*コレクションはどうやってするのか…

新米コレクターへのアドバイスは、とにかくゆっくり、焦らないこと。たくさんお金があるなら別だけど、よく時間をかけること。

コレクターにもいろいろな考え方があるけど、作品との出会いは、買えなくてもそれが運命だと思うようにしているそうです。だからもし買えなくても気にしないそう。嫉妬とか、悪い感情は持ち込まないというのに感動しました。
そういえばトークでも、ある作品を買えなかったけど、その後美術館がコレクションすることになり、アーティストにとってはよかったと喜んでいらっしゃいました。「欲しい」という欲求ではなく、アーティストの立場に立てるってすごいなあと思いました。

*地方も首都と変わらない!

東京だからっていいアートがたくさんあるとは限らない、アーティストも多いけどコレクターもたくさんいるわけで、地方もいいアーティストはいるから見る目を養って、むしろ探してプロモートするくらいでないと、といわれて納得、反省しました。

とにかくその行動のモチベーションは、驚くほどピュアでした。アートコレクションは、単なる物を買うことではなく、作家との関係性のひとつの支援の表れなのだと教えられました。私にとって、一生忘れない、これはアートコレクターとしての一生の道しるべになると感謝したのでした。

***

メラニさんは、普段外出先でもアートばかりで観光やお土産を買う時間も取られないそうなのですが、福岡では珍しく買い物も。
c0309568_111798.jpg

本当の「大人買い」とはこのことか、とばかりに信じられない分量のお菓子や小物、アクセサリーや漫画を買われていたのです!(福岡の経済への貢献度も半端なく市民は感謝すべきレベル!)しかしさらに驚くべきはそれはほぼすべてアーティストやご家族へのプレゼントだったのです!!
c0309568_1058919.jpg
小分けにしたお土産の袋には付箋で誰宛か名前を書くのを忘れず、特に漫画はアーティストが好きな作家を調べて来られていて、元漫画少年の深野さんのキュレーションのもと、日本漫画のコレクションを作られていました。何年か後には、インドネシアを代表する漫画コレクションになるのかもしれません!
c0309568_1165190.jpg

すべて行動が愛に溢れていて、アーティストたちから「母」と慕われているのもうなずけます。
深野さんも、メラニさんも、著名なコレクターさんたちに一番共通するのはそんな「愛」だと教えられました。

さて、長時間のフライトを経て帰国されたメラニさんはなんとその足でインドネシアの国際陶磁器ビエンナーレのオープニングにご出席!!(笑)どこまでもアートの道を貫くかっこいいメラニさんでした!

メラニさんの立ち会うアートの現場が日々更新されるインスタグラムはこちら。
http://instagram.com/melanisetiawan

[PR]



by parttimeart | 2014-09-26 02:08 | レポート

アート専門家ではないふつうの人(会社員、福岡在住)が愛と情熱だけでアート、カルチャー情報を発信するメディアです。facebookではブログにはない情報をリアルタイムで更新中☆http://www.facebook.com/parttimrart
by parttimeart
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新のトラックバック

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧