P.T.A―Part Time Art ふつうの人が発信するアートカルチャーマガジン―

つまりは単純に好きってことだ。ーNHKスペシャル「見えず 聞こえずとも~夫婦ふたりの里山暮らし~」 をみて

NHKスペシャル「見えず 聞こえずとも~夫婦ふたりの里山暮らし~」 をみた。
(以下、放送内容について知りたくない方はご注意)


京都の山里の風景を背景に、手をつないでニコニコと仲の良さそうな60代の老夫婦。妻は目が見えず耳も聞こえないので、夫とは、手をつないで手話を伝えることで会話をするのだ。
ただこれだけでも興味深いのだが、これだけでは全然終わらなかった。

始めにふたりが結婚15年といわれて50代で結婚? と不思議だったが、現在の柔和なふたりから想像のつかない波乱万丈な半生が紹介されたことで、納得とともに感嘆した。

夫は、無口で若い頃から農業を志し、人間らしく生きるために武者小路実篤が開いたコミュニティー「新しき村」に参加までしている筋金入りの活動家。その後ひとりで自給自足の暮らしを送り、若い頃にもNHKに取り上げられ、インタビューを受けていたほどだ。

一方妻は、2歳のとき耳が聞こえなくなり、20代で結婚したものの離婚し、その後だんだん目も見えなくなる(50代で完全に見えなくなる)。塞ぎ込み、自殺未遂もしたという。

夫が他人の助けをしたいと視覚障害者を手伝うボランティア活動を始めたことで出会い、ふたりは50代で結婚、なんと夫ははじめての恋愛であったという! 彼らはその生きる姿をみせることで人々に教えを与えることを使命として生を受けたのではないか、とまで思わせるドラマチックな半生である。

感銘を受けたのは、その関係が互いが互いを必要としあい、思いやるコミュニケーションの在り方を体現していることだ。

夫は妻と出会うまで、山の古い家で昔ながらの生活、完全に自分の理想の暮らしを追求していた。その生活に妻も呼び寄せたが、障害のある妻にはできないことも多く、けんかもしたそうだ。それで夫は理想である「山」を降り、妻も便利な山里に引っ越した。都会育ちの妻に合わせて、思想的には受け入れがたいにちがいない大型スーパーへの買い物にもついていく。農業にこだわる夫が、長年自分がもっとも大事にしているものを妥協したのだろうか? それは違うと思う。
それより大事なもののために、大事なものを大事にするために、自分が変わること。年を取ってからでも、これまで持っていたのが強い思いや習慣だったとしても、人は変われるし、成長できるんだなあとじんとした。

それは妻もそうで、障害で不便な中、田舎に飛び込んだ勇気や、稲刈りへの挑戦や植物を育てることへの愛着、それらも夫の世界を知りたいという思いだと思う。

山崎まさよしが「育ってきた環境が違うから好き嫌いはイナメナイ」といっているように、誰もが違う環境や価値観を持っている。中でもふたりは特に独自の世界を持っているほうだろう。でも、違うからこそ、お互いに興味を持って、知ろうと、近づこうと努力する。その互いを大事に思う関係、コミュニケーションをとろうとする関係に上下はない。

妻は障害で不便なこともあるが、“被介助者”的な佇まいではまったくなく、料理も掃除も、触って確かめながらテキパキとこなす。夫に買い物に連れて行ってもらっても、夫は商品知識がないから大変などと駄目出しも容赦ない。

障害があることで妻は触覚や独自の感覚の鋭さがあり、夫に新たな学びを与え続けるだろう。視覚や聴覚を失い、コミュニケーションにハードルがあるからこそ、しっかりと手を取って伝え合おうとする。ふたりには障害もまた、絆を強める欠かせないものであり、それも含めた相手の人生を肯定しているのだろう。

人が人に与えるのは目に見えるお金やモノだけではない。障害のある人をない人が一方的に助けてあげる、のではない。
真面目な夫にはないおちゃめさや明るさを持ち、恋愛を知らなかった夫にそれを教えたのも妻だろう。
不完全な部分を補い合い、対話を通じて相手から学ぶこと。歩み寄ることで自分が成長すること。互いにたくさんのことを交換し、新しい自分が育って、ふたりの関係をつくっていく。それが対話だ。それは相手を思うことがすべての源で、夫婦だけでなく親子やどんな大事な人にもいえることだと思う。

それぞれの人生を持った、別の個体という意味では親子ですら他人同士のわたしたちが、誰かと生きていくのは難儀なことだろうけど、ふたりはそれを妥協やあきらめでやり過ごすのではなく、ただただ一緒に過ごせることが嬉しく、一緒にいることで学ぶのが楽しくて仕方ないといった様子で微笑ましい。まさに青春している!

つまりは「単純に好き」なのだろう。それがきっと一番大事なことに違いない。

http://www.nhk.or.jp/special/sp/detail/2015/0503/


[PR]



by parttimeart | 2015-05-06 02:36 | コラム

アート専門家ではないふつうの人(会社員、福岡在住)が愛と情熱だけでアート、カルチャー情報を発信するメディアです。facebookではブログにはない情報をリアルタイムで更新中☆http://www.facebook.com/parttimrart
by parttimeart
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のトラックバック

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧